放課後等デイサービス スポーツキッズ 神戸市、芦屋市、西宮市

ご不明点・ご相談はお気軽に 078-221-6066

ブログ

ツリー作り(西宮)更新日:2019年12月12日



こんにちは、らいぶりー西宮の室谷です。
最近久しぶりに一度に2つの虹(主虹と副虹)を見ました!
本来は1度に1つしか虹は観測できませんが、極稀に2つの虹が1度にできることがあります。
さて、皆様は虹はなぜ出来るのか考えてみたことはありますか?
一般的によく虹を目にするのは主に雨上がりだと思います。
雨がやんでから暫くの間、目に見えないサイズの小さな水滴が空気中に漂っています。
この小さな水滴の存在がポイントとなっていて、この水滴に太陽の光ぶつかると水滴中を太陽光が進むのですが、その際光が屈折(光が空気と水の境界面で折れ曲がる)します。
太陽光が屈折する時に屈折率の違い(波長の違い)で光が赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色に分かれて進みます。
屈折する角度がそれぞれ異なるため、7色が重ならず綺麗に分かれます。
私たちが見ている虹はこれらの7色の光です。
また、虹として見えるこの7色の光の事を「可視光線」と呼び、目で見えていないだけで虹の外側の見えない部分にも光は存在しているのです。
赤よりの外側の光を「赤外線」、紫より外側の光を「紫外線」と言います。
名前は皆様1度は聞いた事あるのではないでしょうか?
まだまだ書きたいことはありますが、今回はこのぐらいで留めておきます。
興味を持たれた方は是非上記の事を踏まえて虹を観察してみて下さいね!

今回らいぶりーでは、「クリスマスツリーを作ろう!」というイベントを実施しました!
色付きの画用紙にクリスマスツリーの形に切り取った色紙を貼り付けて製作しました。
次に一番上に星形に切った色紙を貼り付けて本格的な作品に仕上がりましたよ!
今回のイベントも子ども達が楽しく笑顔で取り組めた様子だったので、スタッフ一同も嬉しかったです!

次回のイベントは「ゲーム大会」となっております!
お楽しみに!
また、皆様体調管理に気を付けてお過ごし下さい。







画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内




ページトップ